光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凪のあすからって面白い

最近になって、凪のあすからってアニメを見たわけですが



すごく面白い



これの感想記事を書きたくて、ブログ更新再開したようなものです
(1月~3月の記事ストックなんてありませんし)

なんかね、超ド級ストライク作品なんです
最終話を見たあとの余韻が心地よい


「何がそんなに良かったのか?」

っていわれたら、シチュエーションって答える


凪のあすからって何が良いんだろう?って考えてみた
どのキャラも好印象、ストーリーも続きが気になって一気に見たくらい
OP映像もキレイだし、EDは曲の入り方がいつも印象的
だけど、これだけじゃ足りない
他の作品にも劣ってないものってなんだろう?
それがシチュエーションだと思う
最初はキャラが良いから面白いのかな?って思った
でもこっちのがしっくりくる


シチュエーション(situation)

1 境遇。立場。状態。
2 事態。形勢。局面。
3 小説・劇・映画などで、筋を展開させるために設定された状況。




シチュエーションが良いからキャラが引き立つ
2クール目から美海の株が暴騰して、今もかなりお気に入りのキャラです
物語クライマックスの光と夜の砂浜でのシーンは、作中でも最高の名場面の一つ
美海フィギュア化はよ

2クール目から一気に面白くなるというのはよく言われるみたいですが

1クール目は、海の住人の存在という特殊な世界観を楽しめ、
OOという設定で2クール目からの展開を期待させるので、全話通して大満足でした



凪のあすから、オススメです








スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

凪あすはまた見たいと思った数少ないアニメ
放送時は主人公嫌いで3話くらいで切ったけど一挙放送見てすっかりハマったなぁ

すよう | URL | 2016-04-11 (Mon) 23:01 [編集 ]


>すよう

光は1クール目の早い段階で成長を見せたから、悪い印象は薄いかな
でも序盤じゃ盛り上がりにも欠けるし、仕方ないかも

星の影 | URL | 2016-04-17 (Sun) 23:42 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。