光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズガンズデイズ ラストシーズン感想

以前にローズガンズの記事を書いた数日後に、ラストシーズンを読破。

最終話だしね、感想もしっかり書こうと思ってたらグダグダと時間が経ち過ぎたw
そういえば、うみねこの時もそうだった気がする。


以後、簡単に↓


息もつかせぬ展開の数々で、最終話に相応しい盛り上がりではあったと思う。
……しかし反面、後日談(というか2014年パート)の締めが弱く、物足りなさも感じる。

シーズン3のプリマヴェーラ乗っ取り、金龍会要人暗殺計画。
リチャードの注目っぷりが半端ではないね。
今回の話で一番記憶に残るキャラなのはまず間違いない!
新BGMと一緒にプリマヴェーラのトップに躍り出たシーンは、もう目が離せない!
暗殺計画も、そう! ここが一番のめり込むほど面白かった。
最高に盛り上がってたと思う。
ローズガンズにおけるスナイパーの危険度は異常w


ラストシーズンの墓地での最終戦闘。
23番市でのいざこざは正直どうでもいいかな。
テキーラは、要らなかったんじゃないかなぁ……。
静岡での攻防も楽しめたけど、レオが相手だとパワーバランスが崩れちゃうね。

ってわけで、やっぱり墓地での戦闘になるわけですよ。
正確には戦闘準備の部分も良かったかな。
ケイレブの時もそうだけど、こういう前準備の盛り上げ方は上手いと思う。
あとやっぱり、最後は正面から攻める展開できたね。
ひぐらしから続く、ここはお約束かな。

ところで実は墓地で戦闘が終結するとは思わなかったw
金龍会もどっかで巻き込むのかな、と。
そうすると色々とローズ達の行動の意味が無くなっちゃうか。

アランやガブリエルの最後については、個人的に好きかも知れない。
あっさりしてるけど、だからこそ想像させるというか。



どちらかと言うと、話の展開部分にあたるシーズン3が特に面白かった。
……というか、
ラストシーズンって単独の話じゃなくて、シーズン3の続きとしか見えないけどw

簡単に、というほど短文ではなくなったけど、感想はこのくらいで。
次は夏に出るひぐらし新作か。
短編だろうし、そこまでは期待してないかなぁ。
むしろ冬の完全新作のが楽しみ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。