光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版ハヤテの感想、他

__hayate.jpg

このハヤテの映画ってネギま!と同時上映されたようです。
だから、どうってわけでもないけど。

この映画、時系列的には同人誌対決の後。
原作にかなり追いついた設定なんだけど、
ほぼ、ハヤテ・ナギ・マリア+同級生ズで構成されてるから、むしろ初期の雰囲気がある。
最近の原作の真面目にストーリーを進めていく展開よりも、ハヤテらしいと感じた。

面白かったね!

実は、ハヤテのアニメは1期の1話を見ただけなのだけど、問題なく楽しめた。
少なくともアテネ編までの原作を読んでいれば、支障はないね。

60分の尺の中で多数のキャラに見せ場があって、それでも自然な流れになったのは凄いんじゃないかな。


あと、空の境界、終章を見ました。
これだけ見てなかったんだよね。
感想はノーコメント。
むしろあの内容で感想って書けるのだろうか。

次は未来福音だね。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。