光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版WUG感想とか

Wake Up, Girls!のアニメ終わりましたねv
さっき録画してたのを見終わりました。

パッとしないと序盤に思ってたら、回を重ねるごとに好きになってきた不思議。
というか序盤はたいして面白くなかった記憶があるんだよなぁ、
どこからだろ、面白くなったのは。

やっぱキャラモノだし掘り下げが進むにつれて、徐々に好きになったってのが正解だろうね。
キャラは島田真夢があの中じゃ良いかなぁ。
主人公が好印象のアニメは良いものだ。

ちなみに主題歌(OP映像含めて)は、どっちも最初から気に入った。
もちろん極上スマイルも良かった。


ちなみにアイマスもラブライブも見てないんだ。
これを機会に両方とも見てみようと思う。



で。

WUGの劇場版をレンタルしてきたわけですよ。
他にもアニメ数枚。
記事タイトル詐欺にならないよう、こっちも感想です。

「劇場版 Wake Up, Girls!」

THE・本編のプロローグ!!
それ以外に感想って難しくない?
1本の映画としては盛り上がりに欠けるし、物足りなさを強く感じる。
これだけ見てWUG楽しい!とは、感じづらいんじゃないかな。
締め方もコメディチックだし(これは本編も一緒か、どういう意図なんだろなぁ)余韻は感じづらい。

WUG本編を見た後に(自分は11話の後に見ました)補間として楽しむのが良いと思う。
OPと重なるシーンには興味を惹けるし、前日談としてみると面白い。
劇場版→TV1話に繋がるけど、テレビシリーズから見ても問題なかったしね。


「ドラゴンボールZ 神と神」

面白くなかった。
思い出補正というのは、……確かにあるだろうけど、昔のと比べてしまう。
スーパーサイヤ人ゴッドが受け入れられないというのと、
悟空以外に魅せ場がない、といった理由なのかな。
なんていうか戦闘見てて楽しくなかったんだ、
でも、これは人によりけりなのは理解してるつもり。


「劇場版シュタゲ」

確かに、内容は新作なんだけど、やってることに新鮮味がないなー。
綺麗に完結した作品だし、新しい設定だしてくるわけにもいかないんだろうね。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。