光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バジリスク

__1.jpg

アニメを見て、これは面白いとなったので漫画版も買いました。

話の流れはアニメと一緒ですね。
でも一部、漫画で補足された設定もありました。

物語序盤。
卍谷に天膳たちが攻め入った時。
死んだはずの風待将監が現れた不思議……。

まさか血族で、本人では無かったとは……。ずっと不思議だったんですよ。
説明されなかったら分からないよw
原作小説は読んでいないので、他のメディアから新しい発見があるのは楽しい。


しかし5巻という短さで物語を納めきったのは凄いと思う。
加えて、読みながらダイジェスト版という感覚も特になかった。
ページ数が少なさを感じさせないくらい、どの場面も色濃く描かれていたね。
amazonから届いてから、没頭してすぐに読み切ってしまえた。

後は、絵がアニメの雰囲気そのままだと本を開いて驚いた。
(アニメが漫画の雰囲気そのままと言うべきだろうけど)
朧だけ印象違ったけど。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。