光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画版うみねこEP8 (ガンガンJOKER3月号分)感想

___201402230013552ea.jpg

3ヶ月分くらいガンガンJOKERの感想記事を書いてないけど、ちゃんと読んでます。
月刊誌の感想なんてものは溜まってしまうと面倒になってしまうものなのです……。

そんなガンガンJOKER最新号は、今日発売。
早速購入し、うみねこEP8とローガンを読み終わったところです。
↑残りはこの記事書いたら読みます。
具体的な描写が多い漫画版EP8ですが、今月号は群を抜いている。
先月号も、それはそれは! もう素晴らしかったのですが、今月も良アレンジ!

実は、PS3版うみねこ散のEP7を昨晩、読み終えた事もあり実にタイムリーな内容なのです。

ここからは、ゲロカス妄想も混ざりあう、読みにくい雑文です。
でも書きたいので書きます。
先に結論だけ言うのなら、漫画版うみねこEP8今月も面白かった!! 以上です。



続きを読む


これは全て真実

…………って、事になりますよね。
公式のコミカライズですし。
いやまぁ、別に新事実が出てきたってわけではないですがw

漫画の内容は、ヤス(紗音)がベアトリーチェになるまでの流れ、基本的にEP7の繰り返しです。
今回の話でヤスという言葉は出てこなかったけど、話の流れからヤスと言います。

序盤は、ロリヤスが可愛かった以上の変化はなし。
紗音というキャラクターは、ヤスの理想の人物(友人)という妄想では無かったか?
と少し疑問を挟みましたが、ここは少し置いておく。
漫画版EP7も買って、読みながら、それについてはまた妄想したい。


ヤスが成長して、中学生になってから確定した話が出てきて面白い。
やはりヤスは貧乳キャラだったのですね、うんうん、理御を見ればわかりま……、

あれ?? 
理御は、崖から落ちて大怪我なんてしていない。
……あーでも、理御の性別不明設定の事あるし、そこまで気にすることでも、ないか。


また嘉音の点には驚いた。
嘉音とはヤス(紗音)の変装などでは無く、妄想の存在。
真里亜とさくたろうのスタンスである事は間違いないだろうけど、
でも実際に変装していたという風には思っていなかった。
いや、真里亜とさくたろうのスタンスだからこそ、変装したという設定がいたのかもしれない。


確定した真実が出て、今月はより面白かった。
さりげなく鍵束からマスターキー消失トリックの真実はなるほど!てなったw
次号にも期待。






スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。