光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧海のアイオーン・KA-NON

___2013082401153366c.jpg

何となく本棚のかりんを手にとって、数時間後……読破。
久々に読んで、面白さに浸る。
その後、物足りなくなって同じ作者の碧海のアイオーンを手に取る。
所有していた10巻までを読み終える。
次の巻(最終巻)と短編集を買ってくる。←前置き終了。

かりん面白いですねー! 
この記事は碧海のアイオーンの記事なんだけど、かりんの方が大好きです!

肝心のアイオーンの感想は、えっと……これで終わり?
っていう感じを受けちゃいましたね。
勿論嫌いじゃないですよ。
ただ、クライマックスはもう少し話と設定に踏み込んで欲しかった。
分かりやすいハッピーエンド的な、かな?

碧海のアイオーンの序盤(日常)の方が楽しめていたので、もっと見たかったね。



 
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。