光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃に煌 「4巻」感想

ひぐらしアニメシリーズ最後のOVA、その最終巻。
流石にもう新しいアニメは作られないでしょう。
むしろ原作が全てアニメ化されたから、ひぐらし礼までで満足しております。

というわけで、さっきレンタルしてきたDVDを見ましたよv
もちろん今までのシリーズは視聴済み。

割と背景が綺麗だなぁ、っていうのが印象に残ってる。
特別綺麗なわけじゃないんだけど、ひぐらし煌って背景が微妙だったイメージがあったので……。
お話としては今までと変わらず完全オリジナル。
正直なところ1~3巻は見る必要はなかったと思ったけど、4巻はそれなりに面白かった。
唯一真面目なお話だからかな?
後半のしんみりとした雰囲気はBGMも相まってなかなか良かった。
ひぐらし礼OVA1巻みたいなギャグの方がオリジナル的には見たかったと思うけどね。
(あれは一応原作ありだけど……)

あ、見どころは勿論羽入ですよ。
ロリ梨花を可愛がる羽入が可愛い作品ですよ、間違いなく。
あと物語後半、お社から過去に跳ぶ時に流れる冬の雛見沢のカットが新鮮だった。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。