光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸花の咲く夜に 4巻 感想

CAI08GDS.jpg

なんか心霊写真機の「学校妖怪の私が断言します!」のシーンの毬枝が可愛いぞ?
これはこれからにも期待するしかない。
ところでこの巻で気づいたのですが、妖怪モード(でいいのか?)
の時だけ毬枝の髪が白くなるのですね。1章のラストで姿が変わったのはそのせいかw
凄くいい追加設定だと思います。

心霊写真機の後半のバトルは茶番と分かってはいますが、迫力もあり面白かった。
人によっては演出がクドイと感じるかもだけど、常に紙面を飽きさせない作りは
短編だからこそ大歓迎です! やっぱ彼岸花の作画担当はこの人でよかった!

そしてこの巻から、いよいよ3話の「お姫様の嘘」ですね。
バトルとかない分だけ絵もすっきりして、読みやすいです。
お姫様の嘘は通して読みたいので5巻が待ちきれない。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。