光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァを見終わりました

DVDをレンタルし始めたのは、1年以上も前の事。
最近またレンタルを再開してTVシリーズの最終回までと旧劇場版を見終わりました。
見終わるのに随分と時間をかけたと思うw

もうアニメの殿堂入りと言ってもいいくらい知れ渡っているエヴァですが、
改めてみていくうちに、こういうアニメなのか、と知っていくことも多々。
最終回のおめでとうENDとか、伏線が回収されないとか、登場キャラもろもろとか、
ネタバレを多く知った上で見始めたのですが、後半の訳のわからなさには、
それでも肝を抜かれました。

一通り見終わった今でも、本当に何が何だかわからない。
でも想像の余地が残された展開は確かに面白いと思う。
加持を殺した犯人はだれか妄想したくなるw
アニメとして面白いからこそ、こういう伏線の未回収も許容されるんじゃないかな。

そして劇場版の方はAIRが面白い!
二号機のアクションに、アスカのぶっ飛んだ演技!
声優さんの底力を感じました!
ロンギネスの槍に貫かれた時の絶叫はもう鳥肌モノ!

新劇場版の方は、発売当時にブルーレイを購入していたので、まちまち見ていきます。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。