光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼物語 感想

CANPZF3L.jpg

もうヤバいね、個人的に読了後の満足度は囮物語をも超えます。

本当の意味で、やっと物語シリーズにハマれた気がします。
もちろん今までの物語も面白いし、中盤までいったら止まらない面白さです!
傷物語とか傾物語とかは読み始めたら、すぐ読み終えました。
この鬼物語はラストシーンが強すぎですw
こういう今までの積み重ねがあったからこそ、強くなるシーンには弱いなぁ……。
そういう意味では、これは鬼物語の面白さというより、物語シリーズの面白さになるのかな。

しかし最初の眷属が名前すらなく、活躍すらしないようなキャラだとは思わなかった。
表紙から、タイトルから言って必ず話の核を握っていると思ったんだけどなぁ。
ある意味では握っているといえるのかな……、いや核とまではいかないか。

ところで表紙の忍の絵がいいね。
前巻の撫子も良かったけど、今回もまたいい。
癖のある絵だと思うけど、傾物語くらいからいい感じに落ち着いた絵で好きです。

シリアスとギャグだとギャグの方が印象深い鬼物語でしたが、
久々の阿良々木くん視点で非常に楽しめました。
メタ発言も多くやりたい放題で、物語シリーズ中期のように懐かしい面白さw

最終巻、どうなるか滅茶苦茶楽しみです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。