光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸花の咲く夜に 3巻 感想

CAK8V3QT.jpg

個人的には、早く「お姫様の嘘」を読みたいです。

とまぁ、それは置いといて漫画版の3巻は「心霊写真機」です。
表紙が幻想的でとても素晴らしいと思います!
原作のイメージの彼岸花とは、ちょっと違いますが、
そういうの関係なく良い感じ。

内容の方は既に原作で知っていますが、退屈は一切ないです。
1話からそうでしたが、相変わらずの過剰ともいえるくらいの演出。
3巻でも炸裂して、数ページめくるたびに衝撃が待っているといってもいいw

毬枝の母が毬枝を思い出すシーンは、流石に驚いたw
すっごい顔w 金森先生も大概だったけど、負けず劣らず。
あと、校長先生は原作と結構ビジュアルが違う。
漫画版の絵は好きだけど、校長先生に限ってはサンタみたいな原作絵のが好みかな。

前の巻にも増して、良い出来の彼岸花(漫画版も一種の原作だよね?)だと思うので
4巻が楽しみ。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。