光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュタインズ・ゲート 第13話~第14話

第13話「形而上のネクローシス」

初めてのタイムリープは、もうちょっと過剰気味の演出でもいいような。
ただ紅莉栖が撃たれるシーンとか絶望感があっていいね。
その後は何回もループするし、削れるループは削りながらお話が進みました。
感想書こうにも正直印象的なことはないかな。あまり思いだせない。

第14話「形而下のネクローシス」

その後繰り返されるまゆりの死はダイジェストに。
ゲルまゆの衝撃はアニメで見たかったなぁ。
展開自体は原作やってるから何とも思わないけど、14話はキャラが良いね。
シリアス展開になって顔の表情に声の演技が最高のオカリンに、
序盤とは比べられないほどヒロインになった助手が良かった。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。