光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女おりこ☆マギカ 2巻


アニメイトで買おうかと思っていましたが、コンビニで購入。
むしろコンビニに売っている事実に驚くべきでしょうかw
とにかく1巻が楽しめたので、迷わずにレジへと進みました。

おりこマギカ2巻の表紙はなんか好きです。
まどかを包むようにして抱くほむほむがイイ感じ!
表紙が公開されたときから地味に楽しみにしていました。

内容のほうですが、意外と言うか、本編同様というくらい楽しめました。
白と黒の魔法少女は、どうもピンと来なかったけど、2巻でキャラが立ちました。
あ、ゆまに関しては1巻の時点で良いと思っていましたがw

2巻でビックリしたのは、まどかとほむほむがストーリーに関わってきたこと。
1巻でチョイ役だったし、スピンアウト作品だしと思っていたので尚更に思う。
白の魔法少女とほむほむが対比して描かれているところとかね。
なんか本編のようなシリアスさがあって面白かったです。
今回の話でほむほむが魔法少女の真実を知っていくので、外伝とは思えなかったのかも。

また戦闘シーンも1巻に比べ、見やすく、面白くなっていましたね。
1巻の発売前。
最初は癖のある絵に敬遠しそうでしたが、買ってよかったです!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。