光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 番外編 「Stairway to Heaven」

ブルーレイ(DVD)7巻に収録の番外編の感想です。

時系列的には、岩沢の成仏後。
直井との交戦前。
オールギャグ回なだけに直井の出番が少ないのは残念だったかな。

「オペレーション・ハイテンションシンドローム」
内容も何もない。
とにかく全員ハイテンションで天使を惑わせ! っていうお話。
音無だけは結局ハイテンションじゃなかったのは、ちと残念。

しかし、ある意味でこれ以上にAB!らしいものはない出来でした。
もう誰もが彼もがハイテンションで、画面を見ていて飽きがないw
日向らの無理やりのテンション上げもいいけど、静かなキャラのテンション上げのが面白いw
ちなみに一番好きな流れは、遊佐からゆりっぺへの通信のシーンですね。

オチはまぁ微妙なんだけど、全体通して楽しめました。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。