光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベルE

CACZQ6FF.jpg

近くのセブンイレブンで両方買いました。
ちなみに両方発売日にしっかりゲットです。
Vol.1の発見は偶然だったけどね。

アニメ化するって事で名前くらいは知っていたのが購入理由。
作者の他の作品(幽白やハンタ)がすごい面白いからってのもある。

なんか終わり方はあまりしっくりこないけど、魅力ある絵で圧倒された感じ。
絵と話がかみ合うVol.1は全部面白かった。
特に話は短いけど、4話と5話(人を食べる宇宙人の話)は印象的。
ホラーテイストで……絵と凄くマッチしてます。
もちろん一番最初の、王子やディスクン星人たちが登場する話も良い良い。
ギャグとシリアスの割合もいいし、宇宙人の異質さも十分に伝わります。

1巻ばっかり褒めたけど、2巻も最初の話と後半の人魚の話からが面白かった。
レベルEは絵と雰囲気づくりが上手い漫画だね。
他の絵だったら、同じ話でも同じ面白さはなかったと確信しています。

コンビニのコミックはあんま買わなかったけど、安価で名作が手に入るのはいいね。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。