光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に散 EP8 Twilight of the golden witch

CA2P1NXE.jpg

うみねこ散EP8の感想です。
ついに完結、4年も追っかけてきた作品なだけに感慨深いです。
賛否両論ありますが、自分も似たようなものですね。
でも先に言っておくと、それでもうみねこが好きな作品に変わりありません。

※当然のごとく、続きを読むとネタバレです


続きを読む


うみねこの魅力とは、赤字と青字、推理の応酬にあると思う。
これは今でも変わらないし、他の人も納得してくれると確信してる。
うみねこ散からその方向性も変わったけど、どっちにしろ熱くて面白い。
その最大の魅力をクライマックスの戦いに活かさなかったのが、不満点です。
断言すると、EP8は熱くない。

ゲロカス妄想でいいなら、最後のバトラVSベルンはうみねこの謎に対して、
いくら長くなってもいいからガキンガチャンと、赤字に青字に、
答え合わせをして欲しかった。
むしろヒントだけ散らし、明確な答え合わせはしない方針ではあったみたいだけど。

でも幻想の魔法のバトルは多すぎる……。
幻想で包むのは出題編で十分。

……幻想パートが長すぎるのが最大の不満。
散の代表格、ウィルと理御、ドラノールたちも活躍が微妙だったしね。
いなくても問題ないくらいにモブキャラ。
せっかく魅力あるキャラなのに勿体な過ぎる!
あと攻撃演出も新しいものが欲しかったなぁ、
EP7の演出はどれも格好良かっただけにね。
幻想パートのマンネリ化と真相の猫箱入り。
ざっと誰もが思いそうな不満は、自分も変わりません。

ただ。良いところが無いわけではありません。
ベルンの用意したゲーム、パズルミステリーっていうのかな?
突然普通にプレイヤーが推理するゲームに変わってビックリしたw
まぁ全部ヒントを見た腑抜けですがw
これは面白かった! 
紫の発言っていうのが、うみねこのメタ推理要素があってイイ!
最高と言ってもいい。絶賛と言ってもいい。
EP8で一番頑張ったんじゃないかなってくらい良かったです。

これの第2バージョンを最後の戦いに持ってきても面白そうだったなー。
EP8、翼、黄金夢想曲、と三本もだせば時間もないだろうけど……さ。
今思えばクオリティを重視して今年の夏コミで出しても良かったのに。

あとは、そうだねー物語の締め方は理想的。
????じゃなくて本編の方ね。もちろん魔法END。
締め方については個別に感想といきます。

魔法END

最初に選んだ選択肢。
エンディングの切なさは歌も相まって、最高潮。
EP8の名場面と言ったら真っ先に、エンディングを思い出します。
ちなみにこれを選ばないと????が出ないそうなので、
実質こっちが真エンディングなのでしょう。
入水するベアト? 追う戦人?
幻想も入り混じった場面ですが、好きな締め方です。

手品END
こっちは先が気になる終わりです。
まぁ、どっちかっていうとBADEND?
ここでもうちょっと真相なり明かして欲しかったな。
あまりこっちのルートの重要性を感じない。
ちなみに最後にヱリカが出てきたのは……どういう意図なんだろう。

お茶会
ベルンにラムダにヱリカに。
幻想キャラの後日談も踏まえているパートですが……。
特に語る事もありません。

????
騙された!
十八=縁寿、と制作者の意図通りに勘違いをして、騙されました。
これはいい、そうか十八=戦人かぁ。面白いです。
単純な記述トリックなんだろうけど、あまり本を読まないので、楽しい。
確かに右代宮戦人なんだけど、彼は八城十八(はちじょうとおや)という別人。
最後の無理やりハッピーエンドは、正直おなかいっぱい過ぎでしたが、
戦人がどう生きてきたか、設定については満足。


あとBGMだけど、なんか今回新規が少ないね。
最後なんだから、もうちょっと欲しかったな。

うみねこのなく頃に散 EP8は満足いく出来ではありませんでした。
非常に勿体ない作品だと思います。
個々の食材と食材は非常に魅力的で。
そして今までを。特にEP3~EP5の期間を盛大に楽しめたことは事実。
楽しかったなぁ。本当に楽しめた時期でした。
だからこそ言います。
うみねこEP8は面白くなかったけど、うみねこは面白いです。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。