光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのはtype

CA4212TN.jpg

付録はあんま購買欲を誘わなかったけど、
肝心の漫画や記事で値段分の価値はあったかなと思う。
漫画と特集記事で結構ボリュームあっていいですよ。

まず漫画から読みましたが、リリカルなのはVivid外伝があったりする。
やっぱ4期という公式を描いてる人だけあって面白いなぁ。
ヴィータの回想(闇の書)がほとんどを占めているのでシリアス気味。
そして後半のなのはとヴィータのコメディが面白いw
ヴィータを子供扱いなのはの図が見られます。
他の漫画もForceネタがあったりと、リリカルなのはなら何でもいい感じ。

そして映画第2弾……については知ってたので特に。
ゲームの方は新情報が結構多かったですが、
正直新キャラを作るよりも、まだ出ていないキャラを作って欲しかったなぁ。
ストーリーモードのために仕方ないのかな。

後は後ろの方に、今までとこれからのグッズ紹介がありました。
(コミケやリリカルパーティのとかも含む)
これはカタログを見ている感じ、
或いはリリカルなのはの歴史を見ている気分で楽しめましたw
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。