光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師27巻を読みました

ハガレンの最終巻を読みました!
面白くてたまらなかったハガレンもついに完結です。
TVアニメ版も途中から見ていないので、新鮮に見れました。
しかし意外にボリューム少ないと感じるのは、面白かったせいか?
あと1話分くらい最終決戦に欲しかったなぁ。と思ったり。

ところで、正直お父様のキャラ弱いよね?
そこが残念だ―。個性的なキャラばっかなので、
パッとでのキャラじゃ埋もれちゃうねぇ。
むしろ真理くんのキャラのブレなさが凄いw
キャラというには微妙なのに、妙に貫禄があったりするw

あとは、印象に残るシーンというと、アルフォンスの最後の錬成シーンかな。
その時のメイの「何を考えてるんですカ……」の表情が好きだ。
信じられないとか、考えられないとか、色んな感情が混ざってる感じでイイです。
グリードの最後のシーンもいいですね。
炭化能力使っての儚い抵抗なのに、それがどうもカッコいい。
ホムンクルスでグリードが一番好きだ。

そんなわけで、27巻もとても楽しかったです。ハガレン面白かった。
しかし本棚に並べて思いました。背表紙が最終巻だけ違和感がスゴイw
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。