光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカとテストと召喚獣を読んでみました

CADSZ9WD.jpg

バカテス、最新刊まで読み終わりました。
あっという間ですよ、面白くてすぐに最新刊まで読めちゃいます!
これは自分の中でもベストヒットしたラノベかな~って思う。
ギャグコメディなので先が気になるとかは特には無いのですが、
キャラの掛け合いが面白いし、キャラに魅力がある。
毎回区切りごとにある、テストの回答はキャラの答えにセンスあり過ぎw
ある意味でバカテスを読むうえで最も楽しみにしているところと言えるかもw
絵も個人的に好みなので挿絵が来るたびに嬉しいです。

そして簡単に8巻の感想。
葉月ちゃんの株価上昇します! というか島田姉妹はどっちも好きです。
葉月は出番が少ないので、今回はまた絡みがあって良かった。
(表紙にも姉妹で登場ですしね)
また異端審問会のメンバーのかつてない狂気っぷりが凄かったw
話す暴言が言葉になっていないw
いつもは味方のムッツリーニまでもが敵に回るのは、ある意味ハラハラの展開w
しかしオチが秀吉の声真似とは思わなかった。
少し都合がいい気もするけど、ノリ重視と言う事で面白かったから問題ないかなー。
最後の瑞希のシーンは……美波の時とシチュエーションが被るけど、次回はどう発展させるのかな。
どちらにせよ、また明久は酷い目にあいそうw

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。