光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版マクロスF イツワリノウタヒメ 感想

いちおう発売日の数日後には手に入れていたのですが、
見るのは結構先になっちゃいましたw
そんなわけで劇場版マクロスFを見ました!
アニメとゲームが一枚のブルーレイに収録されているなんて驚きの形態です。
まだゲームの方はやってないので、アニメの感想といきます。

TVシリーズの方も見ているんで、予備知識としてはバッチリ。
でも劇場版から入ってもそんな問題はない気がする。
少なくとも『イツワリノウタヒメ』は物語の核に踏み込んでいないし、
歌とバトルを気軽に楽しむには十分な出来。

しかし劇場版ってだけに派手ですね!
ライブシーンもTVシリーズの比じゃない。
序盤のライブの力の入れようって言ったら凄い!
劇中シーンってのを忘れて自分がライブを見に行ったかのように派手ですw
また先に言ってしまうと全体通してシェリルのプッシュが凄い。
先のライブシーンもそうだし、日常シーンもね。
どっちかっていうとランカの方が好きですが、
とにかくシェリルのカッコよさを見れますね!
クライマックスの階段を駆け上がりながら歌いはじめるシーンは良かった!
ライオンを歌いはじめたときが一番盛りあがった!

久しぶりにマクロスFを見ましたが、内容もTVシリーズ本編をなぞりながら、
でも新作さがあって総集編って感じは全くしませんでした。

特典映像の感想

ボリュームたっぷりで楽しめた!
特に舞台あいさつが嬉しい。
初日の劇場に行けなかった人はもちろん、
行った人も懐かしいんで楽しめるんじゃないかな?

トロステーションの特集の収録も予想以上の充実ッぷり。
裏話(雑誌とかで既出かもしれないけど)が沢山見れた。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。