光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン(TVシリーズ)感想

ニアかわいいよニア!
少女時代の、髪の長いニアが一番可愛いと思います!
大人Verは、最初なんだかなーって思ってたけど、今では悪くない。
むしろいい!
性格も変わってないし、違和感はそこまでないしね。
(やっぱ、子どもと大人の雰囲気の違いはあるけど)

と、熱血ロボットアニメの感想がヒロインの賛美から入りました。
だってしょうがないじゃない? ベストヒットなんです。

グレンラガンは直球の燃えロボットアニメです。
一番の熱さと言ったら、自分はシモンの子供時代を推します。
あの亀?の四天王のカスタムガンメンを倒すときの、熱さと言ったらない。
理屈はいらない、気合いと根性とドリルで戦うみたいな感じですね。
その同じような熱さが子供編では、毎回のようにあるので飽きません。
ノンストップで見れます。展開も早いですし。

あとやっぱり、衝撃ってのは子供編のが大きいかなぁって。
8話は本当に衝撃でした。

そして大人編は、シモン変わりましたねぇw
大人しい感じでも、また違うイメージになりました。
というか宇宙にいくと、髪型がもうカミナですw
大人編の見どころはやっぱり、アンチスパイラルとの戦いにあるのでしょう。
若干テンポが崩れたり、熱血分が薄れたりする箇所もありましたが、
それでもすぐ次を見たいくらいに面白かった!
しかし最終決戦、スケールでかすぎwwww
銀河系を投げるは、着地するわで、滅茶苦茶。もう1回見たくなってくるw

最後に……エピローグはもうちょっと見たかったなー。
久しぶりに最高に楽しんだアニメだったので、終わるのが惜しかった……。
では次は、劇場版を見ようと思います。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。