光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に  Episode4 第10話 「開幕」

ガンガンオンラインで連載中のうみねこEP4の感想です。

やっと、と言いますか。遂に、と言いますか。
戦人の青き真実を見れました。
まぁ、ぶっちゃけ傍線ですが。

実はマスターキーの本数が5本を超えていた
犯人はその余剰の鍵で密室を出入りした!


↑ こんな感じ。(この青き真実はベアトの例文だけど)
  ちなみにこの赤字は、EP2のどの部屋でも明けられるマスターキーは 使用人たちがそれぞれ持つ一本のみ すなわち合計5本! に反するから多分成立しないよね。

話が逸れました。
EP4の貴重な戦人&ベアトシーンだから今回めっちゃ楽しかった。
まず扉絵からして、格好いい。
デュエル!とでもいいそうな雰囲気がまたマッチしている。
こういうシチュには手に何か持っているもの(だと思ってる)ですが、チェスの採用がまたいい。
(本編で関連させまくりだから今更過ぎですが、やっぱうみねこにチェスは似合う)

あとはー蔵臼の見開きもよかった!
あの辺は正直、動きもなく文字ばかりでオンラインでは読みにくかった。
ただ文字を追っていると、そこで悪そうな顔の蔵臼と、白骨化した金蔵のイメージ。
ぐっと、気が引き締まる箇所かと思いますよ。
静かなシーンの描き方がうまいですねー。

ついでにその後のメタ世界への引き継ぎ方も自然です。
で、その後のメタ世界の論争はぜーんぶ最高。文句なし。
ベアトの「自惚れるな」とか記憶になかったから、漫画になってシーンに味がつきましたね。
そして最後の締めの、戦人の青き真実!
いやー気になる締め方ですね。ここでメタ戦人登場はいったん終了かな?
EP4のラストバトルに期待できる10話でありましたー。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。