光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st

リリカルなのはの映画を見てきましたよ!

CA4IW15P.jpg

まずはパンフレットから語りましょうか。
えっとですね、裏表紙にはフェイトが写ってますよ。

CA1UAZBL.jpg


表紙からして威力高いわw
背景が白だからなのか、キャラが目立って凄くいい感じです。
これは表紙だけでしばらく語れるんじゃないだろうか?
ってくらいに、目を引くイラストですよね。
バリジャケと私服。そして私服はリボン交換後なので2度おいしい。
ところで、なんでフェイトの方にはアルフいないんだろー?


記事を折りたたんでいるので、続きを読む、からどうぞー。


続きを読む【魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st】


さて肝心のパンフの中身いきましょうか。
巻末に漫画のリリカルなのは作画陣からのフルカラー漫画があったりするよ。
フルカラーってのが嬉しい。
あとは、ヴァイスシュヴァルツのカードが一枚ついてます。
最近ヴァイスっていろんな商品についてるなー。
ともあれ、こういうおまけって得した気分になりますよね?
自分はヴァイスを若干やってるので、余計嬉しかったです。

CARF28CP_20100629011434.jpg

↑これです、このカードがついてました。
イラストは、劇場版リリカルなのはのキービジュアルからですね。
だからなのか、限定のカードって感じがするなー。

他はキャラ紹介や、関係者インタビューなど、お馴染みの内容です。
でも一つ一つが丁寧な解説だったりしたので、そんな内容には満足です。
なんかパンフっていうより、ファンブックっていった方がしっくりくるなー。
ていうか、もうなんかヴァイスもついてるし、もう1冊くらい買ってもいいんじゃないかってくらい良いパンフでしたよw


そろそろ、映画の感想いきましょうか。


ありきたりの言い方ですけど、なのはとフェイトに焦点を置いた物語でしたねー。
TVアニメ版だって、ようは描くところは同じですから、今さらって言い方ですけどw
焦点っていうけど、まず注目しちゃうのは2人のバトルだと思いますよ。
これが凄い。
動いてる感半端ないし、本当に戦ってるんですよ。
街中でフェイトの攻撃(多数の光弾)から逃げるなのはの図は、緊迫感あったなー。
(なんとも特定しにくい説明になっちゃいましたが)
是非もう一回みたい。

でもバトルが良いって言うのは、これだけじゃないですよ。
むしろ全部と言っときますw
別にバトルアニメ……ってわけじゃないのに(まぁバトル重要だけどw)力入ってた!

特にスターライトブレイカー!
劇場版の魔法は総じて威力が高いけど、これは別格ww
あれで生きているとは思えない一撃ですよw
むしろStSのなのはさんより、派手な一撃でした。


そうそう、先に名シーンと思った箇所を語っときますね。
勿論リボン交換とかのシーンもいいんですが、ひとまず置いといて……。
(プレシアに)ボロボロにされたフェイトを見たアルフが、怒り狂ってプレシアに詰め寄るシーン。
初号機(エヴァンゲリオン)がATフィールドを手で破る時みたいな演出。
そこの場面ですけど、わかりますかねー。
決死の行動に思わず鳥肌たってもいいようなシーンで大好きです。


さて、置いといたもの戻しましょうか。
勿論リボン交換とかもよかったですよ。
爽やかに終わりましたねー。
ここはTVアニメ版と全く同じ空気です。
終わりよければすべてよし、とは言いますが、リリカルなのはは、終わり「も」いいですヨ!

でもこの作品の根源はあれですね。
なのはもフェイトもかわいければすべてよし。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

パンフにユーノいたんだ・・・・
なのはの方に目がいって気づかなかったw

朝吹 湊桜 | URL | 2010-06-30 (Wed) 12:40 [編集 ]


まぁ自分も最初は気付かなかったw
なのはイイヨなのは!

星の影 | URL | 2010-07-01 (Thu) 09:24 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。