光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 第13話 「Graduation」

このアニメは、奏ちゃんマジ天使っていうためにあったに違いない。
13話は、序盤ダラダラしてたけど、ラストの威力たけぇー!
今回ってもう、最後のあのシーンのためだけに存在するよね。
やばいわー、天使に違いないわー。
ここで音無のドナーカードからくるとはなぁ。
ニクイ演出です!

しかし、物語のオチというか、AB!って結構単純な話だったんですね。
(悪い意味で言ってるんじゃないよ)
(心臓云々は結構スッキリとしたオチだしね)
世界の秘密に、天使の正体。
この二つも明かされて、遂にAB!も完結。
残念だったのが、世界の秘密(死後の学園とか)がただの説明で終わってしまったこと。
だから、あっさりしすぎに感じたんだと思う。(これは12話の話ですが)

というか13話の前半(卒業式)が長かったと感じた。
笑うとこでもないけど、感動するところといっても、少し語弊があるし。
あんなに時間とる必要あるのかなーって感じた。
ところで、卒業式で別れを感じたのって直井くらいな気がするw
ゆりっぺも日向も、キャラにはあってるけど、軽い感じだしね。
ちょっと卒業式で時間かけすぎた気がするなー。

AB!が好きなのは間違いないけど、物語の配分をもうちょっとシリアスな方に優遇して欲しかった。
もちろんAB!のコメディシーンこそ最高に面白いので、それも一概に言えないんですが。
そもそも過程を無視してシリアスばっか作っても意味ないですし……。
う~ん……。

最終回の割に、言いたいことがポンポン出てこないなぁ。
でもやっぱり、ラストの奏のシーンは好きなので、終わりよければ全てよし。
やっぱり自分はAngel Beats!が好きですね。

ところで、最後のCパート。
まぁ、明らかに奏と音無ですけど、……あれは転生したと考えていいのかな?
フジツボなんかにならず、再び人間として。
でも奏のいなくなった後の音無って成仏できるのかなーって思ったり。
奏の成仏で、心に穴が空きましたし。

単純に救いを与える演出ってだけかな?
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) Angel Beats! 第13話 「Graduation」

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る いよいよAngel Beats!最終回・・・。さあ今回は静かに濃厚に語っていきますかね・・・。 ☆<06/26更新>前回、Angel Beats!コーナー 第12話 「Knockin'on heaven's door」の感想をポッドキャストにて収録! ...
[続きを読む]

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2010-07-01 (Thu) 23:02


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。