光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 6巻

CAL9AOQA.jpg

人生相談もないし、大きな事件も起きないし。
まるで補間としての巻に思えるような展開でしたが、最後の一言でぶっ飛んだ!!
続きは読みたいっていう気持ちは4巻以上!!
(もしかしなくても、本当の意味で言ってないかもと考えてしまいますが)
とにかく続きが気になるのは違いない。
4巻からこの連続。一冊がすぐ読み終わる。

まず、カラーピンナップを見て、注目! なんだこれ?
いつも黒猫がきている服を桐乃が着ている。
黒猫に限っては何の服だろう?
(後に本編で分かります)
何度か見直したくなるピンナップに違いはありませんw
とにかく桐乃は服のせいでギャップが強かった。これもアリ。

第1章
加奈子メインの話。
この話の最後の挿絵での加奈子から高町なのはを連想してしまう。
なんかメルル関連は毎回こんなんですいませんw
しかし京介も加奈子に対しては、素の会話でしている。
意外と名コンビなのかもしれない。
黒猫と京介が、メルルイベントの会場で偶然目が合うシーンがさりげなくお気に入り。
ロリ章その①。

第2章
赤城メインの話。
京介が男と絡むのはホント珍しい(こういう作品だし当たり前かw)
この作品に出てくる男はどれもこれも変態だなw

第3章
いや変わり過ぎだろうw
沙織・バジーナ屈指のプッシュ回。
あのぐるぐるメガネの面影が全くない。
ちなみにガンプラの名前が普通に出てくるのは思わず笑えるw
ネーナではなく釘宮……は、自分も言ってて思わず怒られてる側として感情移入してしまうw
そしてこの章はピンナップの絵のシーンがある章。
桐乃も黒猫も、ナルシストになってる京介も、いつもと立ち位置が微妙に変わって面白い。
コスプレ状態の京介は割と前衛的w
あとはー、桐乃のコレクションに引いてる黒猫が意外な反応で新鮮だった!
(あの内容を考えれば意外でもないかw)

第4章
ロリ章その②。
最近京介のシスコン発言も慣れてきましたw
(エロゲーで例える思考もw)
リアに、こんなに懐かれてロリコンにならない京介はおかしい!
最後の台詞は単純だけど、凄く先が気になる……!!



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わざわざバナー変えてくれたんですね。ありがとうございます。

うみねこ厨毒 | URL | 2010-05-20 (Thu) 06:35 [編集 ]


>うみねこ厨毒s
いえいえー
こうやってアニメの絵を見ると、大人しい頃のベルンが懐かしいですw

星の影 | URL | 2010-05-20 (Thu) 22:39 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。