光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 第7話 「Alive」

今回突っ込みどころ多すぎるwww
音無の記憶でCLANNAD思いだした人は多いと思う!
あれは岡崎朋也と汐のラストシーンを思い出さざるを得ない。
(雪の中、病弱し切った汐を朋也が外を見せるために連れ出したシーン)
妹の声も渚と一緒だし、そもそもシチュエーションがそれっぽいしねw
また記憶の中の音無の髪型が国崎に似てるし(ちょっと無理やりかな?)ホント過去話だけでkeyっぽさが満載だw


続きを読む【Angel Beats! 第7話 「Alive」】



ところでkeyっぽさとは少し違うけど、まさか斉藤が来るとはww
自分の知る限り……、CLANNADから始まった伝統名ですよね?
しかも声が緑川さんときた!
鍵作品やってる人には、これはもうサプライズというしかない、まさかの登場でしたw
もしかしてこれから斉藤の声は緑川さん固定で行くのかな……?

……とパロディに近いネタが印象的でしたが。
訂正、シリアスな過去話が7話の大部分を締めましたが。
毎回のようにSSSのドタバタパートもあります。

まず、なんというかそのままSSSにごく自然に入り込んでる直井。
あまりにも当たり前のようにいるだけではなく、あのキャラは健在。
自分は神であるという台詞は、クライストとお呼びくださいのように続きそうだw
というか催眠術であっさり記憶が蘇るものなのか、少し拍子抜けだ。
しっかし、直井が音無を慕いまくりなのは、なんか笑える。

そしてユイはメインで登場からずっと存在感あるなぁw
日向にばっか付いてて、すっかり二人セットだ。
というか存在感あるのに、主人公と全然絡まないキャラだなぁと思う。
主人公と絡むと言うと、ゆり、奏、日向くらいかな?
今回は奏と絡みまくりでしたね。
フラグ立てようと必死な主人公でした。

そして最後に言いたいのは、今回も天使プッシュ回だと思うってこと。
あれだよね、麦わら帽子の天使はなんか良かった。
川の主を倒す時も、ダブルオーライザー(機動戦士ガンダム00)のトランザムみたいで良かった。



音無の記憶
なんか、あっさり蘇っちゃいましたよね……。
あの世界の秘密と密接に関わっているのかと思っていたのですが違うのかな。
と言いたいところですが、やっぱり関係あるんじゃないかと。
何故かというと、記憶が蘇る前に、音無が考えていたことが引っかかりました。
記憶が蘇ったら、この平穏な日々に亀裂が入るようなことを思案する。
あの音無の不安をわざわざ描いたのだから、きっと意味があるに違いない。

次は記憶の内容です。
妹って死んだのかなー……。
その後の音無の様子を見るに死んだと見るのが自然かな。
音無の未練は、目的をやり遂げることができなかったこと?
んーこれじゃ単純すぎる。
いや論点はもしかしてここじゃないのかな。これでいいや。

天使が二人現れたこと
これはもう音無が記憶を取り戻したことに関係あると考える。
奏が自分からは攻撃しないことに対して、(おそらく)もう一人の天使は自分からゆりに攻撃した。
天使とは何だろう……。
天使Bは今までいなかった、というかいる必要がなかった。
人生賛歌がテーマ……、天使は生まれることすらできなかった子供とか?
って、……そんな伏線ないよねー。
来週の8話みてからまた考えよう……。
何の結論も出てないのにぼちぼち真相が出てきそうで怖い。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ちょっと不思議なシーンが...

>川の主を倒す時も、ダブルオーライザーのトランザムみたいで良かった。
確かにそうでしたねw
でもそのシーン、少し疑問なのが奏が武器を出現させて高速化した瞬間に分裂して二人になってるように見える・・・。まさかとは思うがその時分裂したのが天使Bかもw

うみねこ厨毒 | URL | 2010-05-15 (Sat) 14:21 [編集 ]


>うみねこ厨毒s
あのシーンで分裂ですかー
ちっとも気が付きませんでした……
天使が初めて(自衛とはいえ)敵の攻撃に能力を使ったのですし、……これはあり得るかもしれませんね!

星の影 | URL | 2010-05-16 (Sun) 02:32 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。