光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸花の咲く夜に 第2話 他

ドラゴンエイジ6月号を買ってきました!
普段買わない雑誌(先月に1回買っただけ)だから、表紙のキャラも良く分からないんだorz
(おまもりひまりは名前だけは知ってるけど、アニメは見たことないのです)
知っている作品が僅かなので、すぐ読み終わってしまった……。

CA5YAPI6.jpg

ところで購入目的の1つだったフルメタの漫画が今月は休載でショック。
楽しみが減ってしまった。
というわけで彼岸花と生徒会を特に読みました。

彼岸花の咲く夜に

CAYQG33N.jpg

踊る彼岸花登場!
意表を突くように現れたので、面食らってしまいますw
こういう大ゴマの演出は雑誌ならではですね。
この作品は平常と異常のタッチの差が激しいので見ていて楽しいです。
重々しく、ある意味では竜騎士07作品で一番ホラーらしいと言えるかも。

しかし、相変わらずヒロインの担任の先生が気持ち悪くて変態(褒め言葉)。
猫の皮かぶっている時と一番変化が激しいのは間違いなく彼w
分かりやすいまでに悪者で邪魔ものなので、そのうち死ぬ気がする。

ところで、ラストの踊る彼岸花の本性?を現すシーンがおどろおどろしくて良いです。
ヒロインが一面に咲く彼岸花に飲み込まれるような演出で、踊る彼岸花が妖怪だってことを認識させます。
最初から最後まで退屈させない展開で楽しませてくれました。
竜騎士作品というには微妙な、おおかみかくし以上に微妙な立ち位置の作品ですが、今のところ楽しめる。

生徒会の一存
アニメや原作の絵より結構アレンジ入ってる感じの絵ですねー。
しかしアニメは途中まで、原作は全く読んだことのない自分がいうのも何とも。

CAGX0MH5.jpg

へー、杉崎のギャルゲ好きはそういうことだったのか。
各々のヒロインの(というか会長の)杉崎との出会い話でした。
アニメを後半見ていないので、その分知らないから楽しめた感じ。
でも折角だし、前にやってた再放送みれば良かったかなぁ……。

あとは、碧海のAiONとかメイドガイとかくらいですね、知っているのは。
前者は単行本買っているので、読むのを止めておいて。
後者はアニメでしか知らないので展開にさっぱり追いつけませんでしたw
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。