光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのスープ

水平思考というものを今まで聞いたことすらありませんでした。

CA4EWHEY.jpg

これは面白い!!
水平思考って漢字だけみると難しそう。
しかしこの本は水平思考とは楽しいものということを教えてくれます!
感覚としては、手品やなぞなぞの本と近いかもしれません。

うみねこで学ぶ水平思考的な1冊。
タイトルを見て一度、表紙を見て一度。
これはなんだろう? という気持ちがいっぱいになりましたw
なんとなく面白そうだからと購入したら、すぐに読みきってしまいました!

これは、うみねこが好きな人ならまず買って後悔しない1冊ですね。
水平思考というゲームとうみねこの赤き真実が非常によくかみ合います。
さながら作中の推理バトルを見ているようです。
原作を意識した言葉の演出も見られ、盛り上がること間違いないですよ。
そしてラストにはそのまま原作に続くような会話で終わって、テンションが上がり続き。

また、中身は小説というよりも漫画に近くて読みやすいです。
絵と一緒に文があるので、むしろ絵本的な感じかもしれません。
途中途中に挟まれる、ワルギリア先生の水平思考教室はそのまんま絵本です。
絵柄も親しみやすくて本編とはまた違った楽しみがありました。

この本を読むと、EP6の

トリック。錯誤。誘導。
からかう。引っ掛ける。一緒に笑う。
……こんなトリックを知ってますか…?
前に読んだ本に、こんなトリックが……。


を思い出します。
思考のゲームの面白さを教えてくれる本でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。