光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュラララ!! 漫画版1巻感想

CAM1ATLE_20100317233342.jpg

アニメ版が面白く、原作と漫画版を1巻ずつ買ってきました。
原作はまだ読んでいないので、漫画の感想だけ。

表紙絵が好みな感じで(というより雰囲気がピッタリで)前から購入を悩んではいました。
実際読んでみたら、表紙だけじゃなく中身も面白い。
読み始めたらあっという間に読んでしまいました。
デュラララって何で面白いんだろう? なんか面白い。
アニメもまだ序盤っぽいし、原作も読んでいないから、分からないけど。
今のところは雰囲気が面白いからそれでいいやw

話戻して、漫画版の1巻の感想を。
アニメでも印象的だったチャットが思い切った演出で逆に良かった。
ただ並列したマスが並んで、単純な感じだけれども、それにチャットっぽさがある。

そして印象的なのが、首無しライダーの初登場シーン。
これは個人的にアニメ版より素敵な魅せ方だった。
これに限らず、初登場の演出はどれも良いと思う。
折原臨也と竜ヶ峰帝人の初対面シーンは時間が遅く流れるような、そんな雰囲気を感じました。

アニメ版と漫画版は構成が大分違うようだけど(アニメのが丁寧なのかな?)
圧縮した感を感じないで最後まで読めました。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。