光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおかみかくし 第1話 「嫦娥町」

絵が綺麗で、すごく見やすかった。
というか原作の立ち絵を忠実に再現してる!
1話というのを抜きにしても、作画はこれ以上ないほど良かった。
キャラが動いているだけで楽しいのというは、こういうのをいうんだね。
原作をやってるからこそ、見ているだけで楽しめました。

さてさて今回の感想は、絶賛しかしません。
好きな原作が素敵にアニメ化されるとうれしいものです。

まずアバンから、いっきなりクライマックス。
ここら辺はいきなり改変入れてきましたね。
グッド! 面白ければそれでいいです。
というかこれは、五十鈴ルート確定? むしろBADEND?
しかし五十鈴が治るという改変をする可能性もなくわないですね。
でも解決編に行くには回り道になるし……。
……案外1クールじゃ短いなぁ。


次にOPとED。
個人的にEDの方が映像が好み。
おおかみ(仮)たちが、ずらりと並んでいる姿は威圧感がありました。
伝奇で陰鬱な雰囲気なのがEDですね。
反対に明るい雰囲気(明るいばっかではないですが)なのがOP。
正直OPの記憶が途切れ途切れですw
確か一人ずつ紹介するようなOPで、使い古されてそうですが、王道的で良いOPかと。


そっして本編~。
おぉ! ってなるくらい原作絵に忠実。
もちろん声はおなじみの声優陣だし、すんなりなじめました。
しかしアニメになると五十鈴のべったり感が半端じゃないですねw
それが五十鈴というキャラだけど、それでも最初は唐突過ぎて笑ったw

外見は初お披露目の小笠原は、おもったよりべったりしてない。
原作の文がねっとりしていたからかもしれないからかもw
ただ1話で退場は残念だった。もう少し普通の描写が欲しかったなぁ。

そして。
はっさく~はっさく~じょうがの、はっさく~
音声化されると笑えるw
何回か流れて耳に残りました。

後は、最後の賢木がちょっとだけうつりましたね。
ちょっと映像化されるだけで、心躍るように楽しかったです。

1話だけで判断するのもまったくもっておかしいですが、きっとこの先ずっと楽しく見れそうです。
それだけに尺が足りなそうなのは非常に残念です。
今のところ上手く改変してくれているので、このまま頑張ってほしいですね。

そして最後までこの感動が続くなら、BD全巻購入も考えようかな。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) おおかみかくし 第1話 「嫦娥町」

おおかみかくし 第5巻 [DVD]クチコミを見る 昭和58年の夏、文筆家の父・正明の都合で山間にあるニュータウン「嫦娥町」に引っ越すことになった九澄博士。 取り立てて目立つような存在ではなかった博士のことを、私立嫦娥高等学校のクラスメイトたちはあり得ないぐらいに
[続きを読む]

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2010-01-14 (Thu) 18:02


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。