光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に 第26話 「sacrifice」

泣いても笑っても最終回。
正直言うと、期待はずれな出来だったけど細かく感想書いてみる。

まずは黄金郷でのさくたろう復活部分。
黄金郷の崩壊とか当初は期待していた部分だけど描写されず。
特に映像的に面白いシーンでもなかった、かな?
また、ここで作画が気になった。
別に変なわけじゃないんだけど、今までのキャラデザの人が作画監督の時を比べると違和感があった。
その時の作画が好きだったから、ちょっと残念。

次は縁寿の退場部分。
縁寿の赤字での告白が全カットとは、ちょっと、いやかなり落胆。
そもそも、ノリに全く勢いがないよ。
無理無理、ここだけは援護しようがない、盛り上げようとしていない。
ただ、coreをバックに戦人が指差して戦いの再開を宣言したシーンは格好よかった。

そしてお茶会での赤青バトルの部分。
もう原作BGM云々は置いといて、何故 goldenslaughterer を使ったのか疑問。
サントラに dreamenddischarger の素晴らしいアレンジがあったから期待してんだけどなぁ。
エンドレスナインも生まありも使われたことには満足。
聴いていて 生まあり みたいのはアニメにも合うと思いました。

そして肝心のバトルについては、グロをちょっと全面に出しすぎじゃないかな?
今回だけに言えることなんかじゃないけど、吐血とかあそこまでやることないと思う。
赤字青字の内容については、もうバッサリカットは覚悟していた。
だからむしろ存分楽しめた、声優さんの演技が最高過ぎる。
そしてやっぱり赤字青字の演出の仕方は失敗だと確信した、特に青字。
別に表現方法を数パターン作ってもいいと思うんだけどなぁ。

最後にCパートの裏お茶会。
EDは嫌いじゃないけど、今回ばかりは合わないと思う。
でも流す必要があるだろうけど、ならせめて映像も作ってほしかったなぁ。
最後のラムダとベルンの絵が雰囲気がなんかすごく良かった。
ひそかにベルンの顔芸期待してたけど無かったのは残念。
でもCパートは、背景の雰囲気も合ってるし、キャラの仕草も合っていて良かった。

最終回だから期待してたけど、やっぱり残念。
尺があればせめて変わったと思う。
でも、初めて屁理屈推理バトルが何回も見たくなる出来だったのは評価できる。
もちろん最後になって今さら、しかも盛り上がって当然だけど、それでもね。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。