光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に 第20話 「zugzwang」 

なんか気になった点が2つ。
一つ、背景が手抜き。
一つ、光が差し続けて絵がぼやけてる。

1つ目は、もうなんか文字通り手抜きだよね。
DVD・BDの売り上げは悲惨だったのと関係はないと願いたい。
でも1巻の発売を待たずに既にここは完成してそうだし、流石に関係ないかな。
しかし、背景が気になるなんて今回が初めてだ。

2つ目は、演出ってのは分かるけど。
分かるけど、なんだろう、やりすぎだよね、使い過ぎ。

今回は単純に詰らなかった。
物語に起伏もない、淡々としている。
流石にラムダの脅しとかが期待できるなんて微塵も思わなかったけど。
尺がないのは分かるけど、なんか一気にクオリティが下がったな。

さて、良かったところ、ぬいぐるみのさくたろが動き出すのは可愛かった。
あと大月教授が出てくるシーンは何故か笑えてしまうw

【次回予告 第21話 「EpisodeⅣ-Ⅲ prophylaxis」】

黒さくたろな次回予告でした。さくたろ単体で来るとは思わなかった。
来週も未来編とかかな。
見ないと何とも言えないかな、期待してるのは楼座のところくらい。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。