光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に 第11話 「back rank mate」

アニメ見てから一日経って、少し落ち着いた。

うぉおおおお、この楼座無双の出来はなんだよぉおお!!
なんでお茶会の戦人の登場シーンがアッサリしてるんだよぉおお!!

とか視聴後は思ったけど、今は妥当な出来だと思うなぁ。


すっごく期待していた楼座無双だけど、やっぱり残念だったのは確か。
短過ぎるぜェ……。
最後の締めを何故ちゃんと再現しなかったのか!
「うみねこのなく頃に 生き残れた者はなし」……で締める演出のカットだけは納得できない。
今回は、本編とお茶会の区切りが曖昧となっていたのが駄目だった。

ただシャノンシールドのところは良かった。
カットされた感も感じなかったし、何回も見てしまうような出来。
ベアトの喋りも最高に良かった。
特にこれに限るね、ベアトの声優はもう他は考えられない!

あとはお茶会の顔だけの真里亞と復活戦人。
真里亞の方はどう考えても、改編されているけど……。
ただこれは悪いとは思わない。
最後の、「うー、約束する」の辺りは、改編のせいでおかしくなっているけど。
戦人復活は、ベアトの頭をつかんでテーブルに叩きつけるようにして登場!
……ってのが、カット。
アニメ的には、動きのあるこの展開でメリハリを付けて欲しかったのさ。


今回の内容は内容詰め詰めって感じだった。
そういう意味ではよく詰めきったと思う。
毎回面白く見てるけど、今回の感想はなんというか、難しい。
見どころが多すぎるせいで、感想がごっちゃごっちゃ。
見どころを箇条書きにしてみる。

・序盤のシャノンシールドからベアト暴言から実にグッド
・戦人屈伏の辺りも問題なし、喰われるシーンも雰囲気十分 
・楼座無双は短く感じる。ここに期待し過ぎた。
・カニバリズムは原作以上w ある意味問題ない出来
・戦人復活は最初以外は良かった。
・裏お茶会はもうちょっとだけラムダに時間を欲しかった

こんな感じかなぁ。
今回だけで見れば、尺の割に上手く映像化したと思います。


【第12話 EpisodeIII-I castling 次回予告】

ロリベアトぉ! ワルギリア! ロノウェ!
そして、楼座無双!!
タイトルコール後がカオス過ぎるw
次回はOPも変わるらしいし、これは楽しみだ。
ロリベアトかわいい、予告を何回も見てしまう。
はやく、来週よ、こいぃいい!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) うみねこのなく頃に 第11話 「EpisodeII-VI back rank mate」

TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション <初回限定版> Note.01 [DVD]クチコミを見る 楼座たちが篭城を始めてから数時間後、消えていた二人の遺体が発見される。遺体には、碑文の第七の晩と第八の晩を見立てた杭が刺さっていた
[続きを読む]

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2009-09-15 (Tue) 14:17


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。