光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に 第10話 「accept」

あれ? 今回はここで終わり?
夏妃の部屋での出来ごとは全部消化すると思っていたので意外でした。
そのおかげで本編自体は尺に比較的余裕が持てていましたが……。
しかし、次回のEP2のラストがキツキツになってしまうのではと不安が過ります。

心配してもしょうがないのだけど、来週は色々と詰め過ぎだなぁ……。

こっから今週の感想。
今週はベルゼブブが登場しました。声がとても良かったので声優には満足。
ただアスモデウス、サタン、と違って姿を現していないも同然の登場。
ちょい役とはいえ、そこが少し残念でした。
顔のアップはあったけど、何故髪型が分かるまでカメラを引かないか分からない。

あとは、また赤の演出方法が変わってました。
もう読ませる気は完全にないなw
赤というと「そなたは無能だ。」がカットされたのが少し残念。
アニメでは全体的に赤の印象が弱いので、何とかしてほしい。

また今回は次回予告の配信が延期されました。
とは言っても明日には配信されるみたいだけど、何があったんだろう。
次回予告みたらまた感想を追記します。

次回予告配信来ました。
特にバッサリとカットされるシーンは見当たらない、気がする。
しかし、それはそれで尺がヤバい。
次回予告で動きのあるシーンとかも特になかったので、特に次回への考えは変わらない。
楼座無双はEP2でトップともいいほど楽しみにしていたのでしたが。
これは……。全体的に淡々と、そして場面転換が早い出来にならなければいいが。
とりあえず次回でうみねこのこれからの出来も想像がつきそうです。
次回が楽しみで、そして怖いです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。