光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおかみかくしクリア!

回答編まで読み終わりました。
眠かわいいよ、眠。

とりあえず感想としては、面白かったが、物足りない。
盛り上がる部分や余韻を感じるべき部分をもう少し水増しするべきだったと思う。
設定は丁寧で、物語の骨組みはしっかりと広がっていた。
色々な人物の心情も描いたりして、そういうところは楽しめた。
だからこそ盛り上がりが、薄かったのは頂けない。

でもアニメ版は期待しようと思う。
1クールか、2クールか。ルートが一本道か、複数本か。
情報が全然出てないからそこまで、妄想できないけど。
でもアニメとしては、これは程よく楽しめるんじゃないかと思う。


当初は、複数の話が並行して存在するのかと思っていたけど、それは違った。
五色塚編こそ正に選択肢によって話が変わった。
でも他のシナリオは、ひとつ前のシナリオが終わってから解除されていく。
選択肢はなく、今までの主観であった博士から別の人物に変わる。
つまり順番に読んでいくということで、すべて視点の変わった話だった。
個人的にこれが楽しめた。物語をより深くしている要因となっている。

多くのシナリオがあったけど楽しめたシナリオは、五色塚編以降の話が多い。
裏話は視点の切り替わった話ばかりですが、本編と遜色はなかったです。
ちなみに五色塚編は月痕艶女の章が一番好きです。

不満な点も多々あるけど、こうして思うと面白かったんだと感じる。
アニメももちろん見るし、他のメディア展開もチェックしようと思ってる。
バナーもゲームのクリアをしたけど、まだ貼り付けときます。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。