光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷物語

一気に読んでしまった。
化物語も面白かったけど、傷物語も確かに面白い。
もはや偽物語を買うのは確定。
なんとなくで読み始めた化物語シリーズは確かに面白かった。

化物語のテンポギャグ満載から一転。
普通に前日談としてお話が面白かった。
相変わらず話の合間合間にボケ突っ込みはあったけれど。

化物語の面白さがテンポならば、傷物語は勢いだと思う。

最初の読み始めは、ちょろちょろ読んでいたのだけれども。
今日最初の吸血鬼との戦い辺りから止まらなかった。
一気に3人との戦いを終えるまで読んで。
一気にキスショットとの話にのめり込んで。
一気に最後まで楽しんだ。
前日談ってことで、実はあんまし期待してなかったけど、これは予想外。

化物語で期待していた面白さは実はあんまり盛り込まれてなかった。
傷物語はひたすら雰囲気を変えて、それはそれが良かった。
化物語でも決意染みた雰囲気はいくらでもあったけど、なんかそれとも違うよね。
ENDも爽やかとは違うなぁ。

キスショットはなんとも奇妙なキャラでした。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。