光の缶詰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に 第2話 「first move」

今週は、うみねこ関連の情報が結構来ました。
EP5の肖像画にPV、そしてスクショです。
アニメの感想の前に、まずはこっちから。

肖像画、スクショときて、さらにきたPV。
「オカルティクスの魔女」…………!!!

やばい、カッコいい……!
出だしから、感じが全然違います。
もう何回みたことやら。スピード感あふれる映像に、雰囲気を変えた歌詞。
歌詞は、もうなんか専用の曲だから当たり前ですが、ぴったり来すぎて最高です。
まさに、うみねこのなく頃に散、新しい始まりに相応しいです。

なんかこう戦人がカッコいい映像ですね。
全編にわたって、闘いを感じます。
他にも髪おろしベアトに! 肖像画の子のミステリアスな表情!!

新しいシリーズ入ったし、OP変わるかな~とは思ってたけど。
予想外な燃料だ!!
テンションあがってきたぁあああ!!!


――――そしてアニメ2話の感想。

まずは不満点をあげるとなると、真里亞の顔芸と第一の晩でしょうか。
あそこで真里亞が顔芸をする必要はあったのでしょうか。
漫画版を参考にしているとのことなので、あれを少し過剰に演出したということなのか。
ちょっとやりすぎには思いました。
あとは第一の晩ですね。インパクトが足りない。
なにもグロを出せっていうんじゃない。
BGMのサビが流れるようにしたり、とにかくもうちょっと演出に凝って欲しかった。
直前の魔方陣は良かったんですけどね。
あと戦人の嘆きが全然足りないのは3話の冒頭で補完されるのかな?

…………とまぁ、不満たらたらに書き綴りましたが。
全体的には、こんなもんじゃないかなと思いました。
原作BGMが流れると、原作既読組には一番の演出になりますねw
確かに胡散の香りが流れなかったり、原作と違うタイミングでのBGM配置は残念です。
しかし雰囲気にはあってるし、今のところそこまで問題を感じませんね。
具体的に言うとサソリノハラワタを流すシーンは雰囲気にあって最高でした。

ハイペースについては、やっぱり仕方ないですね。
しかしむしろ中々良い感じのテンポだと思いました。
1話より違和感なく話を楽しめました。
むしろ前回よりも良い圧縮だと自分は思います。

全体的にはまだまだ期待します。
不満が第一の晩に集中してしまいましたが、他を見ればそう悪くもありません。
第一の晩は、原作でのファーストインパクトが大きかった故に気になってしまうのでしょうね。
まずは第5話を期待してに、これからも楽しみに見ようと思います。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。